2019年06月04日

京都府合唱連盟大賞受賞 深い感謝の思いで・・

5月末というのに、30℃を超す暑さの週末、第56回京都合唱祭が開催され、フラワー・コーラスは、第42回全日本おかあさんコーラス京都大会に出演、3番という早い出演順でしたが、大変楽しい編曲の童謡3曲を、富岡先生のあっと驚く魅力の演出を加えて、お届けしました。
源田俊一郎さん編曲の女声合唱のための童謡メドレー「いつの日か」より
 証城寺の狸囃子
 汽車のうた(汽車ぽっぽ〜汽車ポッポ〜汽車)
 赤とんぼ
13曲のメドレーの中から、富岡先生が選んでくださったのは、皆さんおなじみのこの3曲。

1曲目の「証城寺の狸囃子」は、木魚やおりん、そしてお経までもが楽譜にあって、これには、是非和尚さんに登場してもらいたい。
おりんを叩いて、お経も一緒に奏でてくださる和尚さん、どこかにいはるか? あっ、いはるいはる!!
同志社リーダークランツOB会指揮者で、富岡先生ご指導の滋賀男声合唱団のベースパートリーダーの五辻さん、彼は浄土真宗のお寺の息子さんや!お声かけしてみようと、ご相談したら、是非協力したいと二つ返事で承諾くださり、初めての練習の時から、袈裟を持参くださり、袈裟に狸の尻尾をつけて、なんと狸が化けた和尚さんという設定に、次から次へと閃く富岡先生の演出に、見事に答えてくださり、私たちの狸の演奏も益々楽しくなり、息のあったコラボ演奏を創り上げることができました。
演奏中、会場からは、笑いあり、拍手あり、この編曲のおもしろさを、一緒に楽しんでくださっていることが嬉しくて、和尚さんのコミカルな所作はこの曲を大いに盛り上げてくださいました。
続く2曲目の「汽車のうた」も、汽車ぽっぽ(おやまのなかゆく汽車ぽっぽ〜)と汽車ポッポ(汽車汽車シュッポシュッポ〜)と汽車(遠くに見える村の屋根〜)とめくるめく汽車のいろんなメロディーが交錯して、私達も機関車になって、軽快に車輪を動かしたり、最後はゴットンと機関車が止まるところまでを歌と振りで、表現しました。
最後の「赤とんぼ」は、かの週刊新潮のTVコマーシャルの風景が皆さんの目に浮かんできてくださるように、「週刊新潮は明日発売です」ともちろん楽譜にはない富岡演出を、和尚さんに唱えてもらい、赤とんぼの美しい山里の風景を会場に届けたいと、アカペラあり、変調あり、ドラマティックなエンディングへと晴れやかに歌い上げました。
まだ歌い終わっていないときから、会場から拍手が起きて、皆さんが演奏を一緒に楽しんでくださったことに感動が一杯になりました。

合唱連盟Facebookに掲載くださっていた写真とコメントをお借りして、ご紹介します。

『おかあさんコーラス3団体目は、フラワー・コーラスの皆さんです。歌声はもちろんのこと振付も素敵で、会場中が舞台に惹きつけられました…!』

42おかあさんコーラス京都大会 証城寺の狸囃子 42おかあさんコーラス京都大会 赤とんぼ

3番の出演だったにもかかわらず、多くの友人、合唱仲間、家族が応援に来て下さり、ロビー入り口に出てきたときには、大きな拍手で迎えてくださり、写真撮影にも多くの方が手を振ってくださり、御礼が大変遅くなりましたが、この場を借りて、団員一同の感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

今年はおかあさんコーラス京都大会に32の女声合唱団が出場され、5時間半に及びましたが、各合唱団それぞれの個性を輝かせて名演奏を届けられ、フラワーメンバーも出演が早くに終わったおかげで、たくさんの合唱団の演奏を聴かせてもらい、一杯刺激をいただき、一杯応援できて、嬉しかったとそれぞれ感想を述べあっていました。

そして、今回、私たちは、思いもよらない光栄な名誉な賞をいただくことになりました。
一昨年の2017年に、我らが指揮者富岡先生が、その卓越した指導力でフラワー・コーラスはじめ多くの合唱団の指導、育て上げられ、また2016年12月にロームシアター京都で編曲・演出・構成全てを自らで手掛け、眼も耳をも魅了する新しい合唱音楽空間を創造し、観客を魅了したその功績を称えて、京都府合唱連盟大賞(藤堂賞)を受賞されたことは、私達も本当に嬉しく、一緒に感動を分かち合わせていただいたのですが、この度、フラワー・コーラスならびに代表原納優子のそれぞれが、この名誉な賞を受賞することとなり、言葉では表せない感動と感謝のうちにあります。

フラワー・コーラスは、昨年京都代表として、第41回となる全日本おかあさんコーラス全国大会に通算で10回目の出場を果たし、女声合唱の魅力の発信や、新しい音楽表現に取り組んできた活動に対し、その功績を賞してくださいました。

また代表原納優子には、91歳になっても、ステージセンターで歌い踊り輝きを放つ姿に、集う仲間がいつも安心と勇気を覚えた、京都府合唱連盟においては個人理事、副理事長、今も顧問として、長きにわたり尽力し、京都の女声合唱を牽引してきたその功績に対し、受賞の名誉となりました。

授賞式は、おかあさん大会選考結果発表の前に、選考委員の先生がたが壇上に並ばれた前で、鈴木捺香子理事長が受賞文を美しく朗読いただき、フラワーの代表として、10回全国大会に出場した福井公子が、そして原納優子代表が、立派な盾を受け取り、会場でフラワーメンバー全員起立して、この光栄な賞を共に受け、皆な涙をこらえることができませんでした。
受賞の時、アンサンブルコンテストの選考をされていた富岡先生も、ご配慮をいただき、選考を少しだけ抜けさせていただき、私達と共に客席から、この受賞の様子を祝ってくださり、皆な感無量でした。

胸いっぱいだったので、受賞式の際の様子をだれも写真撮影しておらず、連盟Facebook編集スタッフの方が撮影してくださっていた写真を提供してくださったので、ここに掲載させていただきます。

藤堂賞受賞 フラワー 藤堂賞 原納

受賞後、原納は、突然のスピーチをと言われましたが、ステージ中央に進んで、マイクに向かって「思いもかけない立派な賞をいただき、90超えて生きていてよかった!本当にありがとう。これからも皆さんも益々輝いてください!」といつも通り、生き生きと、簡潔な言葉を届けて、会場より大きな拍手が起こりました。
団員みな、原納さんの深い愛と情熱、富岡先生の豊かな音楽に包まれて、こうして自然体で楽しく歌い続けてこられて、このような名誉な賞までいただいて、ただただ感謝の思いしかないと、涙を止めることができませんでした。
今までフラワーの歴史を飾ってきてくださった諸先輩方、また応援くださった合唱仲間の皆様、友人、家族の皆々様にも改めて、深謝の思いをこの場を借りて、お伝えしたいと思います。

藤堂賞 富岡、原納、フラワー
(過日、富岡先生の受賞された盾も持参いただき、3つの盾を記念に撮影しました。謹んで掲載させていただきます。)

おかあさん大会は、12の団体が優秀賞を受賞しましたが、フラワーは優秀賞と、選考委員特別賞を浅井敬壹先生よりいただき、重ねて大きな幸せと喜びをいただきました。

今年は、女声合唱団はなさんと、女声合唱団アルページュが京都代表に選ばれ、アルページュの代表は、フラワーソプラノの看板娘のまりちゃんで、家族が選ばれたような思いで、本当に嬉しく、今年の金沢大会、是非応援に行きたいと思っています。

長くなりますが・・・
この機会に、フラワー・コーラスの近況も!
長年お世話になっていたカトリック西陣教会のホールが昨年度末で利用できなくなり、今年1月より、金閣寺そばのカトリック衣笠教会のホールをお借りして、練習をしています。
広い敷地の教会で、近代的な美しい聖堂と、この新聖堂が出来るまで聖堂だった木造の古い聖堂を今ホールとして、一般利用に開放されています。古い聖堂(ホール)の周りは、桜の大木はじめ季節の花々が咲き、気持ちのよい環境です。

衣笠教会 衣笠教会3

9:45に集合して、10時から毎週30分間、吉岡仁美先生のボイトレです。
年齢を重ねても、ホールに響く豊かな響きの声を届けられるように、息の流し方、お腹の底から体の筒を抜けて、鼻、口、耳、眼、頭全てから通る声を出すことが出来るように、毎回地道に練習を積んでくださっています。
みんな明るい笑顔のボイトレタイムです。

ボイトレ1 ボイトレ2

ボイトレ3 ボイトレ4

合唱祭明けの初めての練習、早速富岡先生が新譜を持ってきてくださり、どんな曲〜〜と、楽しく初見譜読みです。

富岡練習

この日は、少し練習を早く切り上げて、皆なで、受賞のお祝いをしました。

打上げ1 打上げ2

打上げ3 打上げ4

打上げ5 打上げ6

打上げ7 打上げ8

打上げ9 打上げ10
原納さん、藤堂賞受賞、おめでとう!!いつも原納さんの大きな愛に包まれて、私達はみな家族のように、信頼しあい、合唱を楽しんで、こうして歩みを続けてこられたこと、心から感謝しています。そして命ある限り、歌い続けるわよ!の原納さんの合唱への情熱に、力貰って、私達はこれからも富岡音楽を大いに楽しみ、みんなで歌い続けていきたいです。

打上げ11
原納さんともども、フラワーを縁の下で支えてくださっている原納さんの一人娘のさわちゃんです。彼女も大事なフラワーメンバーのおひとりです。

打上げ12

お仕事や家族の世話があって、教会での打ち上げまでしかいられなかったメンバーもいますが、その後、教会から車で5分ほどのしょうざんリゾートに、久々の団リクレーションも兼ねて、皆なで会食を楽しみました。

しょうざん1

しょうざん2 しょうざん3

しょうざん4

会食後は、1卓に全員寄って、今まで全国大会に何回出場したか、挙手してもらい、フラワーの歴史を感慨深く振り返りました。

まずは10回全部出場した人、原納さん、荒川さん、福井さんの3名。
しょうざん5

9回出場は、吉村さん、馬渕さん、高木さん、植松の4名。8回は村地さん。

7回出場は、椹木さん、吉岡さん、池田さん、山崎さん、林さん、種池さんの6人。
しょうざん5

6回出場は、滋賀さん、石井さん、佐々木さん、杉浦さん、柴田さん、高宮さんの6名。
しょうざん6

4回出場は、田中さんと富村さんの2名。
しょうざん7

去年初出場を果たしたのは、松崎さん、和田さん、岡田さん、西川さん、中澤さんの5名。しょうざん7

現在27名のフラワー・コーラス、本当に明るい元気な50代~90代までのメンバー達です。
しょうざん8

フラワー・コーラスに関心を持ってくださる、合唱を愛する女性の方、団員募集中です。
どうぞ私達の仲間になってください。見学いつでも歓迎いたします。是非練習覗きにいらしてください。

56京都合唱祭パンフ広告(フラワー・コーラス).jpg




posted by flower at 18:42| Comment(0) | フラワーの最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。