2018年08月23日

明日松山に出発です。

大型の台風20号が四国、近畿上陸で、この夏甚大な被害をもたらした地震、豪雨に続いて、大きな被害をもたらさないことを祈りながら、今日午前中、フラワーは全国大会前、最終の練習をしました。
8月9日の練習時に、朝日新聞京都総局の女性記者の伊佐さんが練習にお越しくださり、取材をしてくださいましたが、今朝の朝日新聞朝刊京都版に、『10回目の全国「夢だった」』というタイトルで、練習風景の写真と記事を掲載してくださいました。
全国大会出演の記念に、大事に残しておきたいと思います。

IMG_0002.jpg


富岡先生に何度も何度も息の流し方、表現の作り方、表情と演出の意味を根気強く、叱咤激励してもらいながら、創り上げてきた3つの愛の物語り、3曲とも英語ですが、歌の心を精一杯伝えられられますように・・・
富岡先生が練習の終わりに、「もちろん本番は楽しんだらいいが、その楽しみの底には頭と体の全てを使って、神経を集中させて、個々がこんなにもしんどい思いをして届ける演奏をしてこそ、心に届く演奏が出来るよね。」と、私たちの心に叩き込んでくださいました。
みんなそうだ納得!と頷きながら、今持てる力を結集して、いい演奏を届けたいなぁと思いを新たにしました。

雰囲気はとことん明るいフラワーですので、台風20号もみんなの思いで吹き飛ばそうと、雨がきつくなりそうな中、笑顔で解散しました。
今夜強くなる風雨が心配ですが、ゆっくり眠って、明日みんな元気に出発できますように・・

posted by flower at 17:06| Comment(0) | フラワーの最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする